今、働くという事を振り返る。

私が短大を卒業して20歳で就職した会社は、当時まだまだ得体のしれなかったデジタルマーケティングエンジニアリングサービスという事業部を持っていました。 短大の卒業制作で初めて作ったホームページを作品に面接をしてもらい、受かったのがもう11年前…。 え、11年前? 実際に文字にしてビックリ。 11年かぁ〜……

もちろん、ITというもの自体が、何も形のなかった時代ですから、何でも自分でやりました。よくわからないまま、デザイン、コーディング、そのうちディレクション、プランニング、プロモーション、SEOやら、マネジメント。 がむしゃらでした。 毎日毎日AM帰り。終電はほぼ毎日、3時退社とか当たり前でした(当時、自分で買ったお気に入りの車で通勤してました^^)。 お年頃の女子が、毎日会社で晩ご飯を食べ、家へ帰ればお風呂は10分程度のシャワーだけ。2〜3時間寝たら起き出してまた会社へ。 おかげで(たぶんあんまり関係ない)入社3年ほどで上場を果たし、関西では名の知れたIT企業になりました。

あの頃のがむしゃらな日々を思い出すと、ホントによく頑張ったな、と思います。 鉄也が言ってました。(金八さん) 自分を励ませるのは自分の過去しかない。昔頑張れたという自信が、今の励みになる。

その会社は今はもうなくなりました。 やっていたことが正しかったのかどうかは正直わかりませんが、今の私が色々な事を苦もなく頑張れるのは、あの経験あってこそだと思ってます。 あと、その時一緒にがむしゃらに頑張った仲間たちは、今も本当に信頼できる仲間たちです。